13

JR信太山駅---平松王子跡---泉井上神社(旧井ノ口王子神社 熊野社)---井ノ口王子跡---JR久米田駅裏(池田王子跡地と推定)---
三和製作所(麻生川王子跡と推定)---半田一里塚---南近義神社---貝田町会館(鶴原王子跡と推定)---南海電鉄井原里駅
     
2008年1月13日(-14日)  晴れ
   
1月13日、14日の連休を利用して一泊二日で、紀伊路 平松王子から南海電鉄井原里駅まで歩いた。13日近鉄宇治山田駅から7時23分の特急で鶴橋まで、ここでJRに乗り換えて天王寺まで、ここから関空快速(9時34分発)で鳳まで、もう一度乗り換えてJR阪和線で信太山駅には10時ごろ着いた。何度も乗り換えたが、都会なのでほとんど待ち時間がなく、あまり苦にならない。さすが大阪、伊勢とは違うと変なところで感心した。
昨年12月、日没で道がわからなくなり、平松王子に行かず、JR信太山駅から帰った。今日はまずその続きから。駅から東に広い道を進み、緩やかな坂を登っていくと、左に放光池公園が見えた。公園内に碑があったが(写真)、平松王子跡ではなかった。少し北にもどった交差点角に平松王子跡の碑があった(10:24)。ここから小栗街道を南に進み陸上自衛隊信太山駐屯地前のY字路を右に取り(写真)、道標にしたがって(写真)街道沿いの町並みを見ながら進むと、和泉府中駅あたりで右手に鳥居が見え、泉井上神社に着いた(10:57)。本殿横にある冷泉は国指定の重要文化財で、古くは霊泉とされて、和泉の国名の源となった。街道から入ってすぐ本殿手前に、旧井ノ口王子神社の熊野社が祀られていた。石碑の字が読みにくく、探すのにちょっと時間がかかった。再び街道を歩き、和泉府中で昼食をとった(和泉市立病院近く)。レストランに入ってゆっくり休憩できた。古道歩きでこんなにゆっくり昼食を食べたのは初めて。ここからさらに小栗街道を南下し、槇尾川の柳田橋手前に井ノ口王子跡があり、近くに子宝地蔵が祀られていた(11:55)。ここから少し道に迷い、松尾川緑道にでた(12:10)。ここの橋は新しく作りかえられていたが、この橋は旧小栗街道が通っていた所だとの説明があった(写真)。ここから府道大阪和泉泉南線を南下してJR久米田駅に出た(12:50)(写真)。踏み切りを渡り、この辺りにあったという池田王子跡を探したが、わからずじまい。駅近くの自転車置き場のおじさんに聞いたら、「よく聞かれるよ。けれどわしはよく知らん。あのあたりだそうだ。」と指をさしてくれたんだけれどね。ガイドブックにも推定されるとしか書いてなかった。ここからしばらく府道を南下。途中 額町に積川神社の鳥居があった(13:15)。ここの鳥居の上に掛かった「正一位積川大明神」の扁額(模写)は1090年、白河上皇が御幸中に書いたものといわれている。本物は積川神社の社宝となっている。神社はこの鳥居から5kmも東にあり、遥拝所として造られたそうだ。ここから拝んで、積川神社に行くのを省略するなんて、昔の人も結構合理的な面もあったんだ。轟橋を渡り、作才交差点Y字路を左にとり、古道を進むと道ノ池に出る。堤防にあがると道しるべ地蔵があった(13:52)(写真)。さらに堤を歩いていくと、やがて道が途絶え、草ぼうぼうで通行できない(13:56)(写真)。ここから脇道にそれ、再び府道に出た。虎橋(写真)、麻生川橋(写真)を渡り、三和製作所の前に来た。この二つの橋はさび付いて壊れそう。麻生川橋を渡ってすぐの右手の三和製作所敷地内が麻生川王子跡を推定されている。この敷地内に社があったが、これは王子跡とはまったく関係ないのでしょうね(写真)。このあたりうろうろして、製作所を過ぎたすぐ左手を斜めに道をとって再び古道に入った。堂ノ池(枯れていた)(写真)、唐間池の堤を通って(写真)、工場横の道沿いにある半田一里塚に来た(14:29)(写真)。中央小学校のあたりで古道を見失い、府道をどんどん進んでしまった。和泉橋本駅を過ぎ、ジャスコの前に来たあたりで、右手にこんもりした森が見えてきた。これがたぶん南近義神社なのだろうとその方向に向かってすすんだ(15:23)。この神社には近木王子と鞍持王子が合祀されている。ここで又道に迷い、府道に出て、そのまま南海電鉄井原里駅まで来た(16:18)(写真)。結局鶴原王子跡と推定される貝田町会館には立ち寄らなかった。
井原里駅から南海電鉄で今日のホテルのある岸和田まで行った。ホテルは思ったより清潔でまずまずリーゾナブルだった。ホテルで一休みして、イズミヤのあるショッピングモールまで寒さの中10分ほど歩き、にぎりずしを食べ、帰りに飲み物、デザートを買ってホテルでゆっくりできた。
   
翌日、1月14日は早朝ホテルを出て、南海電鉄で井原里駅まで来て、昨日の続きの紀伊路歩きに出発。途中迷いながらも王子に立ち寄り、JR山中渓駅に無事到着(15:11)。15時20分のJR阪和線普通列車で日根野まで行き、そこで快速急行に乗り換えて天王寺まで行き、環状線で鶴橋まで。鶴橋17時53分発近鉄で宇治山田まで無事到着。今日は色々迷い時間のロスもあったが、行くべき王子跡をすべて訪ねて無事かえってこれてよかった。昨日は道がわからなくて省略した石才あたりは又機会があったら歩いてみよう。

 

案内板の説明
   
放光池公園石燈籠
この石燈籠は、小栗街道の伯太北出口、放光池の堤防、道の西側にあったもので、昔は、住吉神社の境内にある「住吉の高燈籠」とともに大阪湾を航行する船に現在位置を知らせる灯台の役目を果たし大阪湾安全航行のシンボルとなっていたと言われ形式からみて約三百年前のものと推察されている。

和泉市立伯太小学校PTA刊 私たちの郷土伯太・池上より

  
  
泉井上神社

泉井上神社境内社和泉五社総社本殿  国指定重要文化財

泉井上神社は、「和泉」の地名の発祥となったと伝えられる「和泉清水」を祭っている神社である。五社総社は、奈良時代に河内国から分離し、和泉国が設置された際、国府の所在地府中に、国内の五大社である大鳥、穴師、聖、積川、日根を総合して勧請し、参詣の便を図ったといわれている。現在の本殿は、慶長十年(1605)に、豊臣秀頼が片桐且元を奉行として再建したと伝えられるもので、国の重要文化財に指定されている。正面桁行三間、身舎側面二間、屋根が一間分前へ延びて庇をなす、「三間社流造」と呼ばれる形式で、桧皮葺である。正面と両側面には縁を廻して組高欄を設ける。向拝位置は浜床を張って半高欄を置き、五級の階段にも宝珠柱の立つ登高欄を設けている。また、内部は内外陣境を三枚の両開き板戸で分かつ。主要部分は丹塗りで極彩色を施し、よく当時の様式を残しており、造営時期が明確な社殿として貴重である。

平成3330日  和泉市教育委員会

   
和泉清水  大阪府指定史跡  昭和52331日指定

古くから「国府清水」または「和泉清水」とよばれ、霊泉として祭られるとともに、農業用水として周辺の農地を潤してきた泉である。社伝によると、泉は、、神功皇后の新羅出兵の際、一夜にして湧き出たことから霊泉として祭られるようになったという。水は常に清らかに澄み、その味は甘露であるとして広くその名を知られ、豊臣秀吉も大坂城に運ばせて、茶の湯に用いたという。ここは古来、和泉国和泉郡和泉郷とよばれた地であるが、「和泉」という地名も、また「泉井上神社」の社名もこの泉に由来すると伝えられている。

平成103  和泉市教育委員会

  
   
積川神社の鳥居
鳥居の御由緒略記

この鳥居はこの地より東約五kmに位置する罪川神社の鳥居で、当神社は第十代崇神天皇の御代に現積川町に創立され、延喜式内社で和泉五社に列し歴代天皇の勅願社として又武将の崇敬も厚く、天正の頃迄社領六百石を有する格式の高い神社でありました。寛治四年、白河上皇が熊野へ御幸の途、熊野街道のこの地から神社を遥拝され芝草を積んで草舞台をしつらえ、舞楽を奏されたとき、鳥居に掲げられた扁額の筆蹟が拙いのをご覧になり、親しく筆を執られて「正一位積川大明神」の八字を大書され、これに代えられたと伝えられています。その額は神社の社宝として積川神社に今も保存されており、現在の「額」は鳥居新調に伴いその扁額を模写したものであります。

額の地名の由来

積川神社の氏地は、旧山直上村・山直下村・八木村・北掃守村の四ケ村(牛滝川に沿って磯之上迄)でした。そこで遠方の氏子の人達の為に、中間点に当るこの地から朝夕積川神社を遥拝し農作物の豊穣と家内安全を祈願しました。この地は、熊野街道に面している為、熊野参詣をする皇族・公家の方々がこの地から勅願社である積川神社を遥拝され旅路の安全を祈願されました。寛治四年、白河上皇が熊野御幸の為この鳥居に扁額を掲げられ、この「額」と人々がこの地で「額づく(拝む)」という二つの事から、この地を額と名付けられ、以来今日迄額と言う地名で呼ばれています。  

お神輿の御渡(おわたり)

積川神社の御旅所は昔は浜辺に在りましたが、岸和田城主が入城されてからこの地の遥拝所に移されました。毎年神社の祭典が終わると神霊を、お乗せした神輿が御旅所へ「おわたり」するのが習わしで、この時遠方の氏子の人達がこの地に集まって、神霊にお参りします。このように神霊を安置する場所を御旅所と言います。

   
    
半田一里塚 
熊野街道半田一里塚 府指定史跡  指定年月日 昭和34430日  管理者 半田町会
熊野街道は、俗に小栗街道とも呼ばれ、平安時代以降紀州熊野への参詣道として賑わった。街道沿いには一里塚が設置されたが、それらは、近世の主要街道にあるような、正確に一里ごとに配置されたものではなかった。半田一里塚はこれらの中で、ほぼ完全な形を残す数少ないもののひとつといえる。高さ約4m、周囲約30mで樹木に覆われている。以前は、前方にもうひとつ同じような塚があったといわれている。

平成33  貝塚市教育委員会

   
     
道しるべ地蔵
半田一里塚を過ぎてほどなく、交差点角に道しるべ地蔵がある。祠の屋根に、「右 おぐり 左 みずま」と書いてある。
  
  
南近義神社
南近義神社
主神の弥都波能売神をはじめ、丹生都比売神など三十六の神をまつる。もとは、吉野の丹生神社の分社であり、丹生神社と呼ばれた。弘安7年(1284)に近木庄が高野山鎮守の丹生都比売神(天野明神社)に寄進された際、分霊が歓請されたと伝えられており、天野明神とも呼ばれた。水、雨、あるいは安産の神として信仰があつく、江戸時代には雨乞いのため、鐘・太鼓を鳴らしながら“干度参り”が行われた。明治40年から42年にかけて、南近義地域に所在する神社を合祀し、南近義神社と改められた。熊野九十九王子のうち、鞍持・近木両王子も合祀されている。

平成43  貝塚市教育委員会

   

  

   

参考資料
  
近畿日本鉄道 http://www.kintetsu.co.jp/
JR西日本   http://www.westjr.co.jp/
京阪電鉄 http://www.keihan.co.jp/
南海電鉄 http://www.nankai.co.jp/index.html
   
   
近鉄乗車券  宇治山田-鶴橋 1750円
近鉄特急券 宇治山田-鶴橋 1280円
JR乗車券 鶴橋-信太山 380円
JR乗車券 山中渓-鶴橋 780円
南海本線乗車券 井原里-岸和田 200円
ステーションホテルみやこ
〒596-0054 大阪府岸和田市宮本町17-20
TEL 0724-23-7772
シングル 食事なし  6500円 (ネット予約)