13

JR天王寺駅---堀越神社(熊野第一王子の宮)
   
JR東貝塚駅---貝塚中央小学校---牛神社(石才会館前)---宮池---長谷川ノ坂---南近義神社---貝田町会館(鶴原王子跡)---四角池---南海井原里駅
   
南海堺東駅---境王子跡---方違神社---南海堺東駅
2008年1月20日  曇りのち雨
   
今回は今まで歩いた紀伊路の中で、道に迷ったり、ぼーっとしていて見過ごした箇所をピックアップして、日帰りで3箇所歩いた。午後はみぞれ混じりの寒い一日だった。
早朝、近鉄宇治山田駅を出発。鶴橋9時12分着。大阪環状線に乗り換えて、JR天王寺に9時30分に着いた。ここから堀越神社に立ち寄り、天王寺までもどってJR快速で東岸和田まで、ここで普通列車に乗り換えて次の目的地東貝塚には10時30分過ぎに着いた(写真)。
前回、貝塚中央小学校から地蔵堂交差点までと南近義神社から南海井原里駅までの道で迷い、結局ほとんど府道を通ったので、今回もう一度古道を通ろうと再挑戦。あらかじめgooの地図で再調査して準備を進めたのだが・・・。中央小学校前にある地蔵道標を見て(10:48)(写真)、南に進み、関西自動車学院に突き当たって右に道をとった(10:50)。府道を横切り、貯水池にぶつかって左折。住宅地を歩くと道は二又に分かれていてここに道標地蔵があった(10:55)(写真)。左の道を行くとすぐに水間鉄道の踏み切りがあるので、これを渡り、住宅地を道なりに行き、小さなY字路を左にとると、石才会館の前に出た(11:00)(写真)。この玄関わきに牛神社が祭ってあった。宮池の堤防上を通って西側の土手を降りて行った。墓地の横を通り、国道の高架をくぐってさらに府道(?)を横切ると角に貝塚中央病院という精神科病院があった。この横を通って、福永橋を渡ると(11:09)(写真)古い趣のある土塀が続くゆるい登り坂にさしかかった。このあたりが江戸末期有名な疳医者だった長谷川氏の屋敷跡であった長谷川ノ坂らしい。近くには道標地蔵もある。さらに先を住宅地、商店街を進むと、JR和泉橋本の駅に出た。駅南の踏切を渡り、ジャスコ横の地蔵堂交差点に出た(11:24)。ここまでは寒いものの道に迷うこともなく順調な前半だった。ここでゆっくり昼食休憩をして、正午に地蔵堂交差点で府道を渡り、旧街道に再び入った。左に道をとり、こんもりした森の見える南近義神社に向かった(12:06)(写真)。神社前の道を進んで突き当たって右折し、角に道標地蔵のある広い道を横切り(写真)、街の中を行き、貝田橋を渡った(12:15)(写真)。橋を渡ると前方に4本の道があり、ガイドブックどおり右から2本目の道に入ったのだが、このあと太い道に出てこれを横切るとまもなく貝田町会館があるはずだったのだが。どうも道を間違えたらしい。通りがかりの人に聞くと私の思っている方向とまったく違う方向を教えてくれる。きっとよくわからないのだろうと、もう少し前進したが、地図に見当たる町名が出てこない。これは参ったととりあえず貝田の交差点に行く道をたずね、そこまで随分迷いながら行った(12:28)。この交差点に来て初めてわかったのだが、貝田橋を渡ったあと、道を1筋間違えてとんでもない方向に進んだらしい。貝田の交差点から鶴原のほうに(241号線と書いてあった)進み、やっと目印である子安地蔵尊のある角に来た(12:59)。ここを左折してさらに1本目の道を左折。鶴原王子跡とされている貝田町会館にきたが(13:01)、敷地内にはそれらしき痕跡はなかった。先程の道にもどり、直進すると四角池に着いた(13:03)。土手沿いを通り、30号線を横切り、正覚寺という大きなお寺を横に見て、歩道橋で国道26号線(第二阪和国道)を横切ると(13:15)、前に道ノ池が見えた。土手沿いを進み、少し行くと20号線に出た。ここを右折して20号線を進むと南海井原里に着いた(13:30)(写真)。
ついで南海井原里から南海本線、南海高野線と乗り継ぎ、堺東駅から境王子跡へ行った。
15時23分発南海高野線で南海難波に行き、近鉄難波16時05分発の特急で18時56分に近鉄宇治山田駅に着いた。

 

  

   

参考資料
  
近畿日本鉄道 http://www.kintetsu.co.jp/
JR西日本   http://www.westjr.co.jp/
京阪電鉄 http://www.keihan.co.jp/
南海電鉄 http://www.nankai.co.jp/index.html
   
   
近鉄乗車券  宇治山田-鶴橋 1750円
近鉄特急券 宇治山田-鶴橋 1280円
JR乗車券 鶴橋-天王寺 210円
JR乗車券 天王寺-東貝塚 450円
南海電鉄乗車券 井原里-堺東 580円
南海電鉄乗車券 堺東-難波 250円